その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

何度入れ歯を調整しても痛い…そんな時に見てほしい4つのポイント

      2016/02/14

入れ歯を何度調整しても痛い!そんな時にまず見て欲しいいポイントを説明します。

false-tooth003

1,入れ歯が合わない理由

「次のような5つの問題があります」

1)痛くて噛めない
2)合わない
3)しゃべっていると外れてしまう。
4)食事の味が変わる
5)舌を噛んでしまう。

多くの場合は上記の中の1つが当てはまります。

2,入れ歯が合わなくてもやっては行けない事

1)合わない所を自分でヤスリなどで削らないでください。
入れ歯の調整は凄く繊細です。痛いからといって自分で削ってしまうと更に悪化させる事があります。痛い所だけ削れば治ってしまうなら、何度も歯医者に行く必要がなくなります。それだけ難しい作業です。

2)入れ歯の安定剤を使って合わせない
安定剤を使えば、1度は安定します。しかし、毎回入れ歯の高さと咬む位置がちがうため、あたりが異なり骨の吸収を引き起こします。そうすると更に入れ歯が合わなくなります。 どうしても必要な時に使用し、最後は入れ歯の安定剤が無い状態にするのがベストです。

3)昔の入れ歯を使い続ける。
勿論、痛い場合は昔の入れ歯を使うのも1つです。しかし、新しい入れ歯を使わないと次には進みません。

ireba03

3,歯医者さんに行く前のチェックポイント!

1)痛くても前日から入れ歯をつけて生活して下さい。
歯医者さんがどこが当たっていて痛いか見る時には赤くなっている所を目安にします。痛いからといってずっとつけていないとその目安が無い為に作業が困難となります。

2)どういう時に不都合か説明できるようにメモしましょう。
ただ痛い…では適切な処置ができません。「ご飯を食べる時だけ痛い」「何もしなくても痛い」「話していると入れ歯が外れる」など適切に説明できるようにしましょう。

nagare_kaunseringu02

4,どうしても入れ歯が合わない方へ

やはり歯医者さんの中でも、入れ歯専門の歯医者さんがいます。

まずは、お近くで「お住まいの地域(東京、大阪、名古屋)、入れ歯 専門」とインターネットで検索します。大都市ならば絶対に入れ歯専門の歯医者さんがいます。

 - 入れ歯