その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

歯周病でなんでタバコ止めないといけないんですか?

   

<答え>
タバコによって歯周病が悪化されるからです。

歯科の観点からタバコによる害について考えて生きます
1.歯表面の着色
2、歯周病が悪化する。
3、傷が治りにくい
4、口腔ガンの確率が高くなる
5、独特の口臭
6、歯肉が黒くなる

などの危険因子があります。今回は特に歯周病について考えていきます。

タバコを吸うとニコチンの作用で毛細血管が収縮し血流が悪くなり、これにより歯肉を修復する細胞や細菌と戦う細胞が届かなくなります。よって、体が細菌と戦えない為に歯肉の破壊が進みます。
一番問題なのはニコチンの作用で出血・炎症が抑えられ、気付かないうちに進行してしまうことが多い事です。タバコを吸っている方は吸ってない方に比べて、症状が表に出にくいです。
タバコが吸ってる方で歯肉も腫れない、歯肉からの出血しないだから自分は大丈夫って思ってる方‥実は一番危険である事を認識してください。
研究結果について調べてました
・1日10本以上になると歯周病になる危険率が5.6倍に跳ね上がります。
・喫煙者は非喫煙者よりも6倍以上の割合で歯周組織の喪失が存在しており。
・喫煙者は非喫煙者と比較して2倍の早さで骨の喪失が起こることが報告されております。
体の為にもタバコは止めましょう。

 - タバコ