その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

何故虫歯になるの?

   

虫歯の主な原因は?
お口の中には数千億の細菌がいます。そのたくさんの細菌も生きていく為には栄養を取らなくてはいけません。
それが細菌が大好きな砂糖です。しかし、人間も物を食べたらトイレに行きますよね?細菌も同じです。細菌は砂糖を食べると、排泄物として酸を作ってしまいます。この酸により歯が溶けてしまいます。

無題
お口の中の細菌です。

虫歯になるメカニズム
pHをご存知ですか?
pHとは水溶液の性質を示す物です。例えば中間の水はpH=7、 コーラならpH=2.2程度です。pHが1に近いほど、酸性が強くなり、pHが14でアルカリ性が強くなります。
お口の中のphは、普段はpHが6.7位に維持されています。
しかし、アメを食べ始めると、口の中で細菌がアメの砂糖を食べて酸を出します。そしてだんだんお口の中のpHがさがります。そしてpHが5.5以下になると歯が溶け始めます。これが虫歯での始まりです。下の図を見てください。
ステファン曲線

このように食事を開始すると、急激にpHが下がってきます。そしてpH5.5以下になると図赤い部分に入ります。ここが歯が溶かされている部分です。その後口の緩衝作用でpHが上昇してきます。

虫歯を防ぐには?
簡単です!砂糖を取らないことです。
でも、そんな事は不可能ですよね‥ではどうすればいいのでしょう?
ようはpHが5.5以下にならなければいいのです。(赤い部分まで下がらないようにする)
1、ガムを食べるならキシリトールの物を!
(キシリトールは虫歯菌が嫌いな砂糖で食べられません。よって酸が出来ないのです。)
2、ご飯を食べたら歯を磨きましょう!
(口の中に細菌がいなければpHが赤い部分まで下がりません)
3、だらだら食いは止めましょう!
(お口の中は緩衝作用でpHが上がってきます、しかしpHが上がる前に食べたらまた下がってしまいますよね)

 - 虫歯