その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

虫歯の治療をした後が痛いです‥

      2016/02/14

 虫歯の治療をしたのに何故か痛い事があります。多くの場合、軽い痛みや違和感程度なら時間とともにおさまってきます。今回は虫歯治療の後の痛みについて説明します。

何故痛いの?

「神経がある歯を削ると、どうしても神経のある部分に近づいてしまいます…よって刺激が神経に加わりやすくなります」

特に虫歯が大きくて場合にはよく見られます。

下の図を見て下さい。
20110507203238747 2011022600054240e

ピンク色の部分が神経です。右の図が虫歯を取った後の図です。

どうしても悪い虫歯を完全に取り除いてしまうと、神経に近くなってしまう事があります。金属など虫歯を削った所に詰めると、熱い物や冷たい物が金属を通して、神経に伝ってしまいます。

また、歯をゴリゴリ歯を削る為、刺激が神経に伝わり痛みを誘発することもあります。

どのような治療をするのか?

「多くの場合は何もしなくても治ります。
短くて1~2週間、半年から1年かかる場合もあります。しかし、日常の生活に特に問題がない場合は、熱い物や冷たい物を避けて神経質にならずにお待ちください。
nagare_kaunseringu02

何故治るのか?

「よく骨折すると骨折した部分は前より太くなり、折れにくくなるといいますよね?人間には刺激から防御しようとする。防御機能が働きます」
下の図を見てください

第二象牙質

詰めた金属を通して暑い、冷たいなど刺激が神経を刺激します。

これにより体はこれはまずい!刺激から神経を防げ!と考え、歯の中に第二象牙質と言われる壁を作ります。(図の黄色い所が第二象牙質です)
この壁のおかげで、神経までの厚さができて刺激が伝わりにくくなります。よってこの壁が出来たら、痛みがなくなります。壁は個人差もありますし、どのくらい神経に近いかがわからにので、どの位で出来るかはわかりません。1~2週間か半年かわかりません。

どうしても痛いくて日常生活がおくれない場合は、神経を取る必要があります。担当の歯医者さんに相談してください。

 - 虫歯