その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

歯医者さんが検診で言うC1,C2って何?

   

今回は虫歯のC1,C2などの分類について説明します。ご自身の虫歯の状態を確認してください。
虫歯は進行度によって5つ(C0,C1,C2,C3,C4)に分類されます。
C0
虫歯が歯の表面にだけ及んでいる状態です。見た目では白くなっています。
・治療方法→歯をしっかり磨く、フッ素塗布
・麻酔→不必要
・歯を削る→削りません(経過観察です)
 
 C1
歯の食べる面が黒くなっているのがわかりますか?しかし、白い部分だけ黒くなっていますよね?このように白い部分(エナメル質)だけが黒く虫歯にやられてた状態がC1です。
・治療方法→虫歯をとる
・麻酔→理論的には痛みがでないので不必要
・歯を削る→削ります
 
 C2
白い部分(エナメル質)だけではなく、黄色の部分(象牙質)までも虫歯でやられていますよね?これがC2です。
ここまでくると神経にだんだん近づくので痛みがでてきます…早めに治療をしましょう。痛みがないから大丈夫だろう…は危険ですよ。
・治療方法→虫歯を取る(多くの場合痛みが出たら、神経をとる治療を行う)
・麻酔→必要
・歯を削る→削ります

 
 C3
虫歯がして神経に達してしまった状態です。ここまでくると痛くて我慢ができないはずです!
・治療方法→神経をとる
・麻酔→必要
・歯を削る→削ります

 C4
もう根っこしか残っていない状態です。
治療方法→神経治療、歯の形を戻します(状態によって違います)
麻酔→不必要な事が多い、神経が死んでる
歯を削る→削ります
 
検診で言われた今のご自分の状態を確認してください。

 - 虫歯