その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

入れ歯を作ろうと思うのですが、どれにすればいいですか?

   

<総入れ歯には大きく分けて4種類あります>
1,レジン床義歯(プラスチックで出来た物)
2,金属床義歯(金属とプラスチックで出来た物)
3,シリコーン義歯(粘膜に当たる部分をやわらかい素材に変えます)
4,アタッチメント義歯(歯の根っこを使います)
<どんな違いがあるの?
それぞれの利点・欠点を挙げていきます
1、レジン床義歯(すべてプラスチックで出来た物 )
 
<利点 >
・保険が適応なので安く済む (約1万円で作ることができます。上下どちらか片方の価格です)
・修理が簡単
<欠点 >
・強度が弱い
・金属の入れ歯と比べて厚さがあり、違和感が大きい
 
2、金属床義歯(金属とプラスチックで出来た物)
 
<利点 >
・プラスチックだけでなく金属を使う為、強度が高い。
・薄く入れ歯を作る事ができ、保険の入れ歯と比べて違和感がなく、しゃべりやすい入れ歯が出来ます。
・熱の伝わりが大きく、暑さの感覚、味覚などが伝わりやすい。
<欠点 >
・保険適応外なので値段が高い(約10万~50万円です。上下どちらか片方のみの値段。大体の相場です)
3、シリコーン義歯

<利点 >
・入れ歯があたり痛い所が、柔らかい素材で出来ているのでつけ心地がよい
・普通の入れ歯と比べて外れにくい
<欠点 >
・汚れが付きやすいので掃除が大変
・調整が難しい
・保険外なので値段が高い(約10万~30万円)
4、アッタチメント義歯
 

<利点>
・根っこしかない歯を利用できる
・歯の根っこを、入れ歯を押さえる為に使うので安定感がある。
<欠点>
・保険外となるので値段が高い(約10万程度)
・複雑の構造となるので修理が難しい
<結局どんな入れ歯を作ればいいの?>
初めて入れ歯を作る方はまず保険の入れ歯を作ってみてください!どうしても保険外の入れ歯だと値段が高く、合わなかった場合は作り直しの可能性があります。まず保険の違和感が大きい入れ歯で慣れてしまえば、保険外の入れ歯が使いやすくなるはずです。
<インプラントを勧められますが、どちらがいいですか?>
総入れ歯の場合にはアッタチメント義歯のように入れ歯が落ちないよう、ずれないようインプラントを入れます。(時々何十本もインプラントをする先生もいますが、理解に苦しみます…)
多くの場合、普通の入れ歯をするよりは使い心地が良い事が多いです。しかし、元に戻すのが難しいので、まずは保険の入れ歯にしてみたほうが良いと思います。(インプラントの入れ歯にしても、やはりずれにくいだけで違和感は普通の入れ歯と変わりません…結局なれないと駄目ですよ)
<どうしても入れ歯が合わない…どうすれば?>
「顎の変が痩せ過ぎて入れ歯が合わず、ずれて食べられない…」そんな方もいらっしゃると思います。 そんな方は…

入れ歯専門の先生にかかってみてください!

インターネットで「入れ歯 専門 都道府県(東京、大阪など…)」で調べて見てください。

 - 入れ歯