その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

インプラントのやり方は?

   

インプラントのやり方を簡単に説明します。
基本的には2つのやり方があります
皆さんはすぐにインプラントをすると上の歯が入ると考えていませんか?インプラントが骨とくっつくまでに長くて半年近く治療がかかります。この治療期間によって治療方法が変わります。
<どんな治療法があるの?>
1回法
1回の方法で上の歯までつけてしまう方法です。
利点
・歯肉の切開は一度だけなので、負担が軽いです
・手術時間を短縮することが可能。
欠点
・インプラントを埋め込む顎の骨がしっかりとある必要がある (ないと基本的には出来ません)
・骨移植や骨再生を併用する場合、二回法より感染のリスクが高くなります
2回法
しっかり骨とインプラントがついてから上の歯がつく方法です。2回に分けて治療します。
利点
・歯肉の切開を2度行う必要があるため、1回法より負担が大きいです。(二回手術を行う必要があります)
欠点
・歯肉を閉じてしっかりと治癒期間を待つため、感染の可能性が低い
・治療時間が長くかかる
今回は一般的に行われる二回法について説明します。
<2回法の治療の仕方>
1,どのくらいまでインプラントを入れるか調べます

2,骨に穴を開けます

3,顎の骨にインプラントを入れます

4,インプラントがしっかりくっつくまで、インプラントに蓋をして3~6ヶ月間ぐらい待ちます。

5,3~6ヶ月後、インプラントが骨としっかりくっついたのを確認したら、二次手術を行います。(インプラントの上の歯肉を取って上に歯を取り付ける準備をします)この後、歯茎が治るまで数週間おきます。

6,これで完成です。歯の色や形に合わせて上の歯をつります

実際の方法の動画をのせておきました、わかりやすいので是非みてください。
※この動画の歯科医院とこのブログの管理者とはいっさい関係がありません。とてもわかりやすのでお借りしました


 - インプラント