その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

歯の土台を建てるとは?

      2016/02/20

歯医者さんで「根の治療が終ったので歯の土台を建てましょう」といわれた事があると思います。

1,何故歯の土台をするの?

根の治療をした歯はいわゆる「枯れ木」の状態です。

中の神経、血管を取ってしまった為に栄養が無く、空っぽの状態です。
下の図は根っこの治療が終り、細菌が入り込まないように根っこの部分にピンクのゴムを詰めた状態です。でも上の部分が空っぽの状態でこのままだと噛んだら歯が割れてしまいますよね?そこで金属などで補強する土台を建てます。

 

2,歯の土台のやり方は?

<保険の土台>
1)下の図の様に、型を取ってオーダーメイドで歯の形に合わせて歯の土台を作っていきます。

crown029
2)取れないようにセメントで土台をくっつけてます。

crown027_caption
3)その上から被せ物を被せれば終了です。crown017
<ファイバーコア>
実際にセットするところです。
(※動画とサイト管理者とは関係がありません)

 

3,値段はいくら?

「保険が適応となります」

1)保険
600円前後(上の被せ物は別です)

2)自費
1万円~3万円程度(上の被せ物は別です)

歯の土台には色々な種類があります。選び方については下を参考にして下さい。
歯の土台に悩んでる人必見!〜これを見ればわかる歯の土台の選び方〜

4,自費か保険かどのように判断すればいいの?

歯医者にとって、土台は手間の割に収入が少ないのが現状です。また、技術によって大きく予後が違ってきます。

保険でもしっかりと入れる歯医者は素晴らしと思います。是非自分もそこで治療をお願いしたいです。値段の高い物は洋服でもバックでも質が高いものはずっと使えますよね?それと同じで歯は一生使う物なので土台はしっかりした物を入れるのも一つだと思います。

 - 歯の被せ物