その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

効果的な虫歯予防の為のキシリトールガム5つのポイント

      2016/02/14

簡単にできる虫歯予防としてキシリトールガムがあります。
しかし、間違ったキシリトールガム、食べ方では逆効果となってしまいます。今回は正しい選び方、使い方について説明します。

1,何故虫歯にならないの?

「砂糖を食べると、砂糖を栄養に口の中の細菌がを作ります、それにより歯が溶けてしまいます。しかし、キシリトールでは口の中の細菌は酸をつくる事はできません

よって砂糖みたいに甘いけど、虫歯にならないのです。

xylitol_effect03

2,キシリトールの効果は?

1)虫歯菌の数を減らします。
砂糖を栄養源とする虫歯菌はキシリトールを取り込んでも、消化出来ずエネルギーの変換ができません。よって、毎日食べることで 段々虫歯菌が減少し弱らせていきます。(兵糧攻めにします)
2)ガムを噛むことで唾液がたくさんでます。
ガムを噛むとたくさん唾液がでます。唾液に含まれる様々な成分によって、歯を成熟させ、再石灰化作用が促進されます。

3,ガムやタブレットなどを買う時の注意点

「必ず裏面の製品情報をチェックして、キシリトール50%以上!シュガーレスまたは糖類0gの商品を選んでください」

95%キシリトールを含んでいても、1%でも虫歯の原因である砂糖が含まれているとまったく意味がありません!逆に虫歯になってしまいます。絶対にシュガーレスまたは糖類0gを選んでください。でないと、ただのガムになってしまいます。

よくわからない方は試しに下のガムを買ってみてください。歯科専用なのでキシリトール100%です


4,キシリトールガムの使い方

「ただひたすら大量に食べれば良いわけではありません、食べ方があります!」

1)1日3回、1粒を毎食後に噛むこと。
虫歯になりやすい人や積極的に虫歯予防をしたいという人は、1日5回、毎食後に加えて間食後、お休み前に1粒を噛みましょう!

2)毎日食べ続ける!
毎日食べ続けることが大事です。継続は力なりです。

5,注意点

キシリトールを食べたからといって虫歯にならないわけではありません!虫歯予防になるだけです。しっかりと歯磨きする必要があります。
また、食べすぎると下痢をする!なんて副作用があります。

どんな商品を買うか迷ったら、「歯科専用」て書いてある物を選びましょう!

xylitol02_03

 - 虫歯