その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

ブリッジをやる前に見て欲しい、3つのポイント!

      2016/02/14

ブリッジとは簡単にいうと、両隣の歯を削って橋(ブリッジ)渡しする事です。

 1,ブリッジの長所と短所

次のような利点・欠点があります。

1)利点
・見た目がいい!入れ歯のように金属が見えないので、見た目を気にする方にはお勧めです。

2)欠点
・両隣の健康な歯を削ってしまってしまう。
・ブリッジの10年後の残存率は50%、簡単にいうと10年間で半分は壊れてしまう
・被せた両隣の歯に無くなった歯の分の力がかかってしまう。(奥歯なら一本の歯に体重分の力が加わります)これにより隣の歯も駄目にしてしまう可能性がある

2,治療流れを説明します。

1,転んで前歯が折れ、もう抜くしかないと歯科医師に言われた場合は、治療法としては、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種類が考えられます。今回はブリッジの治療を行います。

bridge001
2,まず、駄目になってしまった前歯を抜きます。
bridge002

3,両隣の歯を削ります。そして型をとって、技工士さんにブリッジを作って貰います。

bridge003
 4,両隣の歯と共に被せ物をセットします。
bridge004
 5,これで完成です!前からみてもほとんど分かりません!
bridge005

3,費用は?

勿論ブリッジは保険で出来ます。(※歯の無い部位によっては保険外になるので注意を!歯医者さんに確認してください。)
部位によっては値段が変わりますが、1万〜3万円前後です。
(※ブリッジだけの値段です、再診料など他の治療代は入っていません)

実際どんな物か見てください(※この動画とブログ管理者は関係がありません、動画だけお借りしました。


 - 歯の被せ物