その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

何で歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)を計るの?

      2016/02/14

歯医者にいくと、「今から歯と歯茎の間の隙間を計っていきます」と言われ、金属の道具でチクチクされながら計られますよね?

歯科用語で歯と歯茎の隙間を「歯周ポケット」といいます。そして、このポケットを専用の器具で計る事を「プロービング」といいます。今回は歯と歯茎の間の隙間=歯周ポケットを計る理由について説明していきます。

1,まず実際どのようにやっているか動画で見てください。

※この動画の歯科医院とブログ管理者とは関係がありません。映像をお借りしました。


上の動画を見ていただくと分かるように歯と歯茎の隙間が大きいほど、器具が大きく入るのがわかります。

2,歯周ポケットとは何か?

下の図を見てください。

20110327124441f50
⇩拡大したのが下の図です。

20110327130605eea 20110327130733b27

上記の左の図のように1〜3ミリ程度が正常の歯周ポケットの深さです。しかし、歯周病が進み周りの骨が溶かされるとポケットが深くなり、右の図のようになってします。

3,歯周ポケットを計る意味は?

歯周ポケットは目では見えません、上の動画のように全く問題ないように見えても、歯茎によって隠れているので歯周ポケットが深くてもわかりません。そこで、メモリがついている器具を使って歯周ポケットの長さを測ります。

よってチクチクして痛いですが、定期検診で歯周ポケットを計る事はとても大事な事です。是非いやがらずに計ってもらいましょう!ひょっとして普通に見えても歯周病が進行しているかも…

 - 歯周病