その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

最強レベルの虫歯予防

   

スポンサーリンク

今年の3月17日、厚生労働省はこれまで1,000ppm以下に規定されていた歯みがき剤のフッ化物濃度の上限を1,500ppmまで引き上げました。

これにより、国際基準と同様にフッ素濃度となります。

フッ素濃度が上がると何がいいの?

1000~2500ppmの間で500ppmづつ濃度をあげるとう蝕が6%づつ減少するという、データーがあります。

よって、「フッ素濃度があがるほど、むし歯予防に効果アップ」します。

注意点!

高濃度のフッ化物配合薬用歯みがきが販売されるにあたり、その注意点として次のようなことがあります。

1、「6歳未満の子供への使用は控える」旨を表示する

2、「6歳未満の子供の手の届かない所に保管する」旨を表示する

3、 濃度を直接容器などに記載する

4、内容物が10g以下の場合、2を省略することができる

などの基準が設けられています。

どんな商品があるの?

1、チェックアップ ルートケア


2、バトラー エフペーストα

3、クリニカアドバンテージ コートジェル

様々な商品がありますが、まだ種類が少ないのが実情です、今後の商品開発に期待しましょう!

 - 未分類, 歯の掃除, 歯磨き粉