その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

リステリンなどの洗口剤(デンタルリンス・マウスウオッシュ)の正し使い方は?

      2017/09/03

リステリンなどの洗口剤(マウスウオッシュ・デンタルリンス)の正しい使い方をご存知ですか?

歯磨きもせず、洗口剤だけで歯磨きを終わらせるのは一番危険です。今回は正しい洗口剤の使い方について説明します。

 

1,代表的な洗口剤

「代表的な洗口剤のモンダミン、リステリンなどがあります」

でも一番気をつけて欲しいのは、洗口剤(マウス・ウオッシュ)だけで歯周病は防げません。時間がないので歯を磨かず、洗口剤(マウス・ウオッシュ)だけで過ごすのは絶対に止めましょう。
4901730091084

2,何故洗口剤(マウス・ウオッシュ)だけでは駄目なんでしょうか?

「それにはバイオフィルムという物が関係しています」 

バイオフィルムとは細菌の塊で、細菌自身が身を守る為に出したバリアです。

バイオフィルムは台所や風呂場にヌルヌルとしているところにあります。その ヌルヌルを除去しようと思っても、塩素系の薬剤等を使用しない限り、ブラシのみではなかなか取除けません。 この除去しづらいヌルヌルが「バイオフィルム」です。

口の中にもその「バイオフィルム」が歯の表面や歯肉のポケットにもできます。

このバイオフィルムはカビキラーなどの塩素系の薬剤でしかとれないように洗口剤(マウス・ウオッシュ)などではとれません。
nagare_kaunseringu02

3,効果的な洗口剤(マウス・ウオッシュ)の使い方は?

「残念ながら一度完全に出来たバイオフィルムは歯ブラシだけではとれません。歯医者さんでとってもらうしかありません」

一番重要なのは、バイオフィルムを作らないように毎日しっかり歯を磨く事です。

そこで使えるのが洗口剤(マウス・ウオッシュ)です。洗口剤(マウス・ウオッシュ)は一度できたバイオフィルムには残念ながら効きませんが、バイオフィルムが出来にくくするように歯面をコーティングしてくれる作用があります。

よって正しい使い方は‥
「しっかりと歯ブラシをして、バイオフィルムが出来ないように最後に洗口液でケアーする。」

洗口剤だけでは駄目です、歯を磨くだけでも効果が少ないです。髪を洗うのにシャンプーとリンスを使うのと同じです。両方で初めていい結果があるのです。是非皆さんも今日から正し使い方をしてみてください。 

 

4,洗口剤(マウス・ウオッシュ)の種類は?

「洗口剤には色々な種類があり、それぞれのメーカーによっても用途がことなる物が出ています」
 
1)歯石を防ぐ
2)口臭を防ぐ
3)刺激が少ないタイプ 

5,刺激が少ない洗口剤

「洗口液の刺激は主にエタノールによるものです」

エタノールの含有量が多いほど刺激も強くなります。 エタノールは洗口液の中に入っている種々の成分を溶かし込むための溶剤として用いられているものですので、刺激が強いほど効果があるというわけではありません。

よってこの刺激が嫌いな方はアルコールフリーの物を使う事をお薦めします。アルコールを使わないため、刺激が少なくて使いやすいです。 

1)刺激が少ないタイプの洗口(マウスウォッシュ)


2)口臭防止に役立つ洗口剤(マウスウォッシュ)

3)歯石予防

 様々な目的で商品が開発されています。是非よく説明書を読んでから使用してください。

 - その他, 歯周病