その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

アメをなめて虫歯予防??、Dr.John’s ハーバルキャンディー

      2016/03/20

甘い物が大好きで虫歯が心配なお子さんをお持ちの保護者に朗報です。アメをなめたら虫歯予防が出来る画期的な商品があるのです!

今回はこのDr.John’s ハーバルキャンディーについて説明します。

1,何で虫歯にならないの?

リコリス(甘草)ハーブの成分を含有しています。
甘草根エキスが虫歯の原因となる口内バクテリアの働きを3~6ヶ月抑えると言われています。

UCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)歯学部のオーラルバイオロジー科の研究により、リコリスから得られる特定のハーブエキスが虫歯の原因を引き起こすバクテリアの働きを減少させる効果が科学的に立証されています。だから安心して使用できます。

nagare_kaunseringu

2,使い方は?

歯磨き後に1日朝夕1つずつ食べ10日間続けると、ハーバルロリポップをその後3~6ヶ月食べなくても効果が残るという画期的な商品です。簡単にできますよね?甘くても、子供に与えても平気だから安心です。

 

3,キシリトールとの違いは?

キシリトールは、「虫歯を起こさない甘味料」です。

キシリトールが歯垢のpHを下げないため虫歯になりにくくなるのですが、たとえキシリトールが95%入っていても、砂糖が5%入っていれば、当然、歯垢のpHを危険ゾーンにまで低下させ、むし歯を起こす危険性があります。夜寝る前に食べたりしたら、とんでもないことになります。

つまり、キシリトールは、「ミュータンス菌が口内に居たままでpHが下がらない甘味料」です。 それに対してハーバルロリポップは、ハーバルロリポップの成分である甘草根エキスが、虫歯の原因となる口中バクテリアの働きを3~6ヶ月間抑えるため、歯磨き後に1日朝夕1つずつ食べ10日間続けると、ハーバルロリポップをその後3~6ヶ月食べなくても効果が残ります。

milkteeth_xylitol

4,注意点

お子さんを虫歯から守るために 生後1歳半~3歳までの間に家族全員がハーバルロリポップを使用する事が大切です。

もし、その時期を過ぎてしまい、ミュータンス菌に感染していても、家族全員が定期的にハーバルロリポップを使用する事で虫歯の予防が可能です。お菓子大好きなお子さんには最高のアメですね!

 - 小児歯科, 虫歯