その歯医者さんの説明納得できますか?

難しい歯科/歯医者さんの説明を分かりやすく解説したブログです。

名医は絶対やっている!ラバーダム(ゴムのマスク)!

      2016/05/26

ラバーダム(ゴムのマスク)をやっている歯医者を探して受診してください、名医の証拠です!

ラバーダム(ゴムのマスク)とは?

「下の図のようにゴムのマスクを使用し、歯に唾液がつかないようにする道具です」

息苦しく感じますが、削っていて水が口に入らないので慣れてしまえばこちらのほうが楽です。

rubberdam02

拡大してみますと…

rubberdam01
上の写真のように、歯に指輪のようなリングをする事で行います。

海外では必ずといっていいほど、この器具をつけて治療をしています。
日本では費用面、面倒などから使用しない事が多いです。逆に考えるとラバーダム(ゴムのマスク)をつかって治療をしてる歯医者さんはそれだけこだわって治療をしていると考えられます。

何故、ラバーダム(ゴムのマスク)をする必要があるの?

「口の中は細菌だらけです」

唾液は1m当たり10億個の細菌が入るとも言われ、歯の治療はその中で行わなければいけません。

歯の神経の治療をするさいには、歯の上から穴を開けて消毒し細菌がなくなるまで治療を行います。しかし、せっかく綺麗にしても歯の中に唾液が入るとまた感染してしまいます。よってラバーダムを行い唾液が入らないようにします。
complete-recovery006_caption歯科医師にとっては、いかに唾液をつけずに治療をおこなうのか!が最大の課題となります。そこで重要な道具となるのが、ラバーダムです。

ラバーダム(ゴムのマスク)を行う歯医者は名医です!

通常の歯医者では、コスト面からラバーダム(ゴムのマスク)をせずにガーゼを口にいれて唾液を防ぎます。

よって、ラバーダムをして治療をする歯医者さんは本気で治療する名医だと思われます。いい歯医者さんを探すときにはよい目安と考えらます。

 - その他, 歯の神経